INDEXpage back

永いあいだブランクにしていたページですが、ようやく新発売商品のご紹介ができるようになりました。

当店の新製品! 唐焼き(とうやき) 虞美人(ぐびじん)と名付けました。

薄皮のどら焼き皮に
栗のあんがいっぱい
栗入りのあんではなくて、栗で餡を作っています。だから食感としてはほとんど栗そのものを頬ばっている感じ。
焼き皮の真ん中に喜屋の喜の字の古代文字を焼印。
「喜」の文字は美味しいものという意味だった。
≪喜の字のものがたり≫

ほ〜ら!贅沢でしょう、
美味しそうでしょう。

1個230円
ご法事用引き菓子に最適
8個入り
2,000円


新製品 唐焼き《虞美人》について
本品は、当店の先代の店主が昭和の初期に神田梅花堂(中村家)にて修行中伝え覚え、昭和三十年代まで当店で販売していた「三笠山」の復刻版です。永く眠っていた焼き型の銅板を引っ張り出して手入れをし試作を繰り返してふたたび日の目を見ました。

本品の皮の部分はどら焼きに似ていますが、和菓子の分類では中華種と称します。そこで中国風に「
唐(とう)焼き」と新たに名づけ、個名を「虞美人(ぐびじん)」としました。

虞美人とは中国の古代史を飾る名花で、膨大な歴史書(司馬遷の史記)のなかにもその名はわずか四行三ヶ所にしか記述されていない謎の少女にもかかわらずその戦国の悲劇については、やがてひなげしに化身したとも言われて武将とのロマンスは永く京劇などに伝えられています。

唐焼き 虞美人はこうした古代大陸風の簡素な趣きを有しており、このたび独自に開発しました栗あんを包んだ味わいをおためしください。
なを本品はとくに仏事法事用の引き菓子として設定してまいりましたが、通常でも店頭にて1個単位で販売しております。


原材料=小麦粉 鶏卵 砂糖 栗 白餡 膨張剤
有美人名虞、常幸従。駿馬名騅、常騎之。
於是項王乃悲歌慷慨、自為詩曰、力抜山兮気蓋世。
時不利兮騅不逝。騅不逝兮可奈何。虞兮虞奈若何。
歌数けつ。美人和之。項王泣数行下。左右皆泣、莫能仰視。
司馬遷「史記」のうち
「項羽本紀」より





ごあいさつに
あかばねの甘い宝石

wagashi和菓子 On-Line SHOP