toppageINDEXpaperおはぎ秋彼岸 お彼岸 彼岸 ひがん 九月 9月 十月 10月 秋 初秋 季節 喜屋 きや 和菓子

おはぎの名前あれこれ

餅の名は秋の彼岸は萩にこそ ・・・正岡子規

現在、おはぎはほとんどの和菓子店で『おはぎ』という名で販売していますが、『ぼたもち』というのも広く知られている名前です。また、ほとんどの和菓子店で春秋の彼岸の時期と盆の時期にしか店に並ばなくなってしまったせいか、おはぎは仏事専用の菓子と思われてきているふしもあります。
よく店頭でお客様から話題として、「春の彼岸は『ぼたもち(牡丹餅)』と呼び、秋の彼岸には『おはぎ(萩)』である」というふうに聞かされます。おはぎはなにもお彼岸に限った菓子ではないと思っている和菓子屋には、では普段は何と呼ぶのかという疑問がわいてまいります。

おはぎが成立した年代は相当古い、というよりもむかしの農民層から自然発生的に生れて伝承されてきたものでしょうからはっきりとした調べがつくはずがありません。 ただ、源氏物語に「その夜さり、亥(い)のこのもちひまいらせたり」とあって、亥の子餅=おはぎと似た食材のもの= がそのころからあったことが推定されます。十月(亥の月)の最初の亥の日に餅を食すことは万病を防ぎ子孫繁栄をもたらす(いのししは多産)ということは中国よりの風習です。旧暦ですので今の11月、江戸ではこの日からこたつを出すのが習いだったそうです。

餅は神事には欠かせないものであるばかりか、食事以外の(菓子とは言わないまでも)喫食物としては大変なご馳走でありました。搗(つ)くことによってでん粉質の甘味が出て、携行に良いことで喜ばれました。しかし、米を炊かずに蒸す、臼に入れて杵で搗く、仕上げるという工程は通常の台所で女手だけで出来る作業ではなく人手も多く要りましたので、必然正月用や特別な慶事のときなどに人手を集めて広い場所で作らなければなりません。そこで簡便に少量でも出来るように炊いた米を練りつぶす手法が広まったもの、更には栄養バランスがよく、魔よけの食品として昔から信頼が厚かった小豆を煮くずしてそれにまぶせたものが美味だったのでしょう。中村孝也氏著『和菓子の系譜』(淡交社)には、餅菓子の分類として「外餅内餡型」と「外餡内餅型」に分けて、「外餅内餡型」の代表として大福と「外餡内餅型」の代表におはぎをあげていますが、餅と小豆餡とのマッチングは永く日本人の嗜好に合ってきました。

家庭内で作れて携行に良いということは、親類へのくばり物や寺の小坊主たちへのお布施、または連れ立って墓参りの遠出のときの供え物や弁当などに多く利用されて、仏事との関連が印象づけられてきたのかもしれません。仏事とおはぎの関連については江戸期より以前の文献から見られます。また「春は『牡丹餅』秋は『萩餅』」というのもすでに出てきます。

しかし、簡便に作れる喫食物(菓子)ですので一年中機会あるごとに食されていました(もちろん現在でもそうですが)。
民衆に愛されたおはぎは時代や地方によって多くの名前をもっていますが、とくに女性たちに好まれた証左に女房詞(にょうぼことば)として多く残っています。
ある老婦人(明治45年生れ)の回顧録に、その婦人の祖母がむかし江戸末期に御殿勤めをしていたということから、婦人の幼い頃におばあ様からいく度も口伝されたと述懐されていることに、『醤油は"おむらさき"、餅は"おかちん"、鮨は"おすもじ"と言う。ぼた餅は四季によって名称が異り、春は牡丹の花になぞられて"ぼたん餅、またはおぼた"。夏は、いつ着(搗)いたか分からないので"お夜船おやせん"。秋はこんもり茂った萩の花になぞられて"お萩、または萩の餅"。冬は北の窓から庭の丸い置き石に積った雪を眺めて連想して"北窓きたまど"』としています。

なんだか判じ物の隠語のようですが、もうすこし並べてみます。
夜舟(よふね)は上記のようにいつ着(搗)いたか知られないから。
北窓は月(搗き)が見えない。
隣知らず・・・餅を搗いた音が聞こえないので近所に悟られない。
掻餅(かいもち)・・・掻練りの餅の意とも、粥餅の意とも。
はんごろし、というのもあります・・・半殺しではなく、飯(はん)を搗かずに握りつぶすから。
など、いづれも"搗かない"という工程にこだわっています。搗いたほうが餅としては美味しいに決まっているので、「代用だがしかたない」という諦めがほの見え、逆に搗いた『餅』へのあこがれが感じられます。

私は個人的には「ぼたもち」を支持します。原材料から生れた直裁的な名前だと思います。ただし広辞苑にもあるように"ぼたもち"には醜い女、膨れっ面の女という異義語もあるので商売人としては軽々に口に出来ません。
"ボタ"とは粗悪米や水害に遭った濡れ米などの年貢にも拒否される廃米のことを農家で言ったらしい。(現在の関東近郊の農家二、三軒に尋ねてみましたが今では確認できませんでした。しかし、炭鉱の付近にあるボタ山とは粗悪な石炭を山積みしたものと言う事から語源的には通じるものがあるのかもしれない)。もち米は、餅に搗いた場合に白く滑らかな肌になるかどうかで米の良否がハッキリと出ます。神様への供え物にもならない"ボタ米"をどう活用するかを考える場合、練りつぶした餅にして地肌を小豆餡でくるんで隠してしまおうというのは容易な発想でしょう。


《参考》
和菓子ものがたり 中山圭子
和菓子の系譜 中村孝也







ごあいさつに
wagashi和菓子 On-Line SHOP