toppageINDEXpaper重陽の節句重陽の節句 重陽 九月 9月 秋 初秋 季節 喜屋 きや 和菓子

重陽の節句 またの名を 菊の節句

こよみに五節句(節供)があります。
一月七日 (人日じんじつ) 七草の節句 無病息災を願う
三月三日 (上巳じょうし) ももの節句 女児の成長を願う
五月五日 (端午たんご) 菖蒲の節句 男児の成長を願う
七月七日 (七夕しちせき) 星祭り 技巧の向上を願う
九月九日 (重陽ちょうよう) 菊の節句 不老長寿を願う

いずれも奇数のかさなりです。古代中国が発祥で、おそらく単なる数あそびから始まったものでしょうが、日本に暦として渡来して、宮中の農耕祭祀と溶け合って受け継がれてきたものです。国家主義的な祝祭日が明治政府によって制定される以前はこれらが祝祭日でした。一方上流文化ではたくみに、それぞれの季節を愛でる風雅の行事として取り込むようにもなってきました。

中国では奇数が陽数(吉数)とされます。その最大の陽数九が重なる、すなわち重陽(ちょうよう)は現代の中国でも五節供のうちの最も大きな行事です。また九はおわりなので逆に無限や再生(よみがえり)をも意味します。不老不死、長寿若返りを祈願するまことに現世利を求める中国的な祭りといえましょう。
日本ではいちばん地味な、というよりほとんど知られていないといっていい節句ですが、戦後の「九月十五日 敬老の日」の制定にはこの意味合いが生かされ、現在に続いています。いまは9月第3月曜日。

早朝に菊花にたまった朝露を飲むと長寿によいといわれます。前夜花の上に綿をかぶせておいて夜露や香りを採り込む着せ綿といいます。宮中でこの日天皇が菊酒を臣下に賜ったという古事から、菊の節句といいます。俳句で「今日の菊」といったらこの日の菊をさします。以後のものを十日の菊とか、のこりの菊、残菊などと呼んであまり好まれません。つまりこの日が菊の盛時ということになりますが、こうした歳時記的な風雅を納得して楽しむには、相当なこよみの知識と想像力が必要とされます。実際の(旧暦の)九月九日は現代のカレンダーでは今年(2007)でいえば10月19日です。残暑の九月九日を秋冷の十月十九日に気分を置き換えて楽しまなければならないからです。

菊は桜とならんで日本の名花の雄ですが、観賞菊の交配が盛んで、二千種ともいわれ、キク科でないものまで入り込んでいます。つまりそれだけ日本人に愛されている花といえるでしょう。天皇家の紋は花びらが十六弁、皇族のは十四弁です。和菓子屋が菊を意匠して菓子を作るときはこの数を遠慮して十五とかそれ以外の花びらにするのが通例になっています。菊は国花であり別名も多い。菊という名称は元来漢名で、和名ではサギナ(左岐奈)といっていましたが今では菊で通っています。不老長寿の霊草として、チギリグサ、ヨワイグサ、モモヨグサなどとも呼ばれています。ともかくも菊の節句。古事に習って早咲きの菊の花を酒に浮かべて長寿を願い、ほどほどに飲む、というのも一興でしょう。


敬老の日について
1951年(昭和26年)「としよりの日」として9月15日に制定。
1963年(昭和38年)「老人の日」と名を変えて、
1966年(昭和41年)から10月10日の「体育の日」とともに「敬老の日」として国民の祝日に加えられる。
2003年(平成15年)から「敬老の日」は9月の第3月曜日となっています。
2005年現在、65歳以上の層は全人口の20%、2556万人。



当店では九月一日より
『仲秋月餅』を発売いたします