端午の節句
5月5日は戦後に「こどもの日」と定められ国の未来を担う子どもたちの成長を願う祝日とされてきましたが、もとは端午の節句という五節句のうちのひとつから発しています。「菖蒲(しょうぶ)の節供」とも「重五(ちょうご)の節供」ともいわれます。ほかのお節供と同じように古代中国のこよみ行事の輸入とそれ以前から日本にあった季節風習が融けあって今日まで続いてきたものです。端午とは月々の最初の午(うま)の日ということですが午が五に通じることから中国で漢代には五月(午の月)の五日に定まってきたらしい。日本には始めから五月五日で渡来した。ただし旧暦のことですから今の6月ごろの季節で、菖蒲の濃い緑が盛りです。

端午の節句の意味合いはおもに二面あり、男児の雄々しい成長と家督の永続を願う意味と菖蒲湯に入ったりする病い除けの意味があります。
3月の上巳の節句(ひなまつり)が女の子向けの節句となるのに従って男の子の節句とみなされるようになったのは江戸時代初期からのようです。ただ、万葉のころから五月五日には「薬猟」と称して馬に乗って野に鹿狩りに出かける(若鹿のつのを薬にするため)勇ましい行事が宮中にあり、転じてこの日騎射走馬の伝統が続いていたものからそうした性格は元々あったのでしょうが。この季節の薬草霊草とされる「菖蒲」が「尚武」に通じることから武家社会では武芸を尊ぶということで大切にされる節句となりました。その家に男児が誕生すると合戦のときに使われた家紋入りの幟(のぼり)を家に掲げて周囲に知らしめていたことから、初節句にこいのぼりを掲げる風習に発展しました。菖蒲(勝負)の葉を剣に見たてて、虫干しも兼ねてか家伝の武具を飾ったりして祝いました。武者人形や金太郎人形が現われたのはひな人形飾りに同調してでしょうか。後年のことになります。



こいのぼり
出世を果たすための難関を「登竜門」とよく言います。むかし黄河上流の霊山に「竜門」という有名な激流がありそこを逆登りきった鯉が龍に化身して天にまで昇っていったという故事に由来していて、中国では龍は天子をあらわすことから生まれた言葉です。
武が盛んな時代が落ち着いて江戸時代、幕府が五節供を整備して祝日としたころからのぼりを掲げる風習は庶民にも拡がり、武家の家紋に変わってこの故事にならって鯉を空高く泳がせることによって男児の元気な成長と困難を乗り越えて出世してゆくことに願いを託しました。

こいのぼりの竿の先端の玉(ぎょく)と矢車は鯉が昇龍となって天に昇るのを導くもの。鯉より上にはためく五色の吹き流しには魔除けや邪を祓う意味があって五つの色とは五行説思想<「節分について」参照>に由来したものです。



鍾馗しょうき
最近はあまり見られなくなりましたが端午の節句に付きものの人形鍾馗様とは、その恐い風貌からてっきり中国の強い武人かと思っていたら病魔から子供の身を守ってくれる鬼神でした。唐の玄宗皇帝が重い病いに臥せっているときに夢枕に現われて疫病神を追い払ったのが鍾馗様だということです。医療が未発達で乳幼児の(ことに男の子の)死亡率が今に比べてはるかに高く「七才までは神の子」として夭折しても神の預かりものだったと諦めざるを得なかったむかし、命あやうい子を持つ親にとっては何よりも頼みと思うものはこの鍾馗様だったでしょう。



こよみとしての端午の節句
端午の節句が子供の節句になってきた過程は日本に入ってきてからのことなので、本家中国では当然こうした要素はありません。では奇数(陽数)重なりのこの瑞祥月日にどんな意味付けがなされていたかといいますと・・・。
五月は悪月
旧暦では現代の2月(雨水をふくむ月)が正月となります。すると現代の12月(冬至をふくむ月)は十一月となりますが、いっぽうこの冬至をふくむ月を一年の起点とする考え方もあります。くわしくは<旧暦について>。ここに干支の最初の子(ね)を配しますと現代の1月(旧暦十二月)は丑、2月(旧暦正月)は寅、3月(旧暦二月)は卯、4月(旧暦三月)は辰、5月(旧暦四月)は巳で6月(旧暦五月)が午(うま)の月となる。大雑把な月変換ですが、つまり午の月は夏至をふくむ現代の6月となります。夏至とは一年の折返しを位置し「日の長きこと至(きわ)まり、陰陽争い、死生分かる」と理解され古くから五月を「悪月」「物忌み月」と呼んで不吉なことが起こりやすいと警戒を呼びかけます。気候的にも日本は梅雨の盛り、揚子江流域では高温多湿の夏の到来となります。水に触れることが多く田植えで皮膚病にかかったり伝染病や寄生虫が多く発生して健康を害しやすい時期です。端午節がもともと長江流域の田の神を迎え防疫防病を祈る水神祭に発したらしいことから、こうした時節に体を浄め体力を付けて健康を保つよう警鐘を鳴らして薬草を象徴とする節供に育ってきたようです。
また、冬至にゆず湯、夏至に菖蒲湯と分けられて、この節供を夏越しの祓えと同義との見方もあります。



菖蒲の節句
菖蒲を縁起ものとする節供として奈良時代にこよみの伝来の一環として伝わったが、菖蒲の肉厚で真っ直ぐに伸びる葉に旺盛な生命力を感じさせ強い香気を放つところに不浄をはらい邪気を退ける霊威を感じさせたに違いない。解毒作用があり香気があればほかにヨモギも橘も用いられるがやはり菖蒲が一番尊重される。これを女性が玉にさして髪飾り(かずら)にしたのは田植えに先んじて田の神を迎えるためとかで、今でもこの日に穂を鉢巻きにすると頭痛を起こさないなどと伝えられる。この穂を家の軒に刺したり(軒菖蒲)わら屋根に並べて葺けば(菖蒲葺き)邪悪の侵入を防ぐ。また、菖蒲酒を飲んで枕の下に敷いたり湯に浮かべて菖蒲湯に浸かれば香気を吸い込んで身体を浄められる、などは確かに緊張をほぐす効果があるので今でも一般家庭でなされているのはうなずける気がします。
しょうぶ(菖蒲)とアヤメ(花菖蒲)、カキツバタの混同について議論があるが、菖蒲は水辺に生ずる「サトイモ科」、花菖蒲は乾土に育つノハナショウブから発展した「アヤメ科」だとか。



かしわ餅と粽(ちまき)
ちまき
ちまきは中国発祥の食品でもち米を竹筒に詰めたり笹やマコモや朴葉などで巻いて蒸すが、゙粽子"を゙ちまき"と和名を当てたことから日本では茅(ちがや)で巻いたのが多かったのかと推測される。伊勢物語あたりから「飾り粽」のことばが見えるので初めから端午との関係で日本に入ってきたのではないでしょうか。ちまきはその細長い形状から考えて食用というよりは端午の神前供物として菖蒲を飾り立てる「飾り粽」として用いられてきたものと思います。
現在、和菓子店のちまきはおもに、笹で長円錐形に巻いて井草で縛り5本マルキとか7本マルキとかにまとめてひとつにして販売されます。中身は餅、スアマのほか、ういろう、道明寺、羊羹などいろいろあります。包んだものを蒸すか、蒸したものをあとから包むか製法の違いはありますが、笹はやはり解毒整胃整腸の作用があるらしく、包んだ葉をはがすと香り良く薬効の染みた保健食のように感じられます。この日おもに関西ではちまき、関東ではかしわ餅が食される傾向があります。また、初節句にはちまきでその翌年からはかしわ餅、という主張もあります。

かしわ餅
柏木の葉に限らず笹や楢や朴など大きな葉はむかしには食品を持ち歩くときの包装材として使われていたことは想像に難くない。さらに野において蒸し焼きするなどに利用することも出来る。「炊葉(かしぎば)」が「かしわ」に転じたという説もあるくらい。携行食としての餅を柏の葉でくるんで持ち歩いたことは日常的だったでしょう。


「かしわ餅」という菓子が現われ、当時から中に餡が入っていたかどうかは判らないが、江戸市中に出回ったのは江戸時代の前期ころらしい。あたかも端午の節句が「男の子の日」的な性格を持ってきたころと符合する。あくまでも想像を続けますが、この菓子が薬草を重んじる節供と飾り粽の俗習と、武を重んじる節供に、どことなく野戦食みたいなところから、この日向けの菓子となってきたのではないでしょうか。さらに「柏の葉は新芽が出るまで古い葉を落とさないという俗信と、広く延びた葉のかたちが武家や商家で"家督が絶えない縁起物"としてもてはやされた、と考えられます。

当店のトップページ<こちら>に「かしわ餅は飲み物だ」と大言しました。いつかテレビタレントの伊集院光氏が食の番組のなかで「(巨漢で大食漢の)わたしにとってカレーライスなんて飲み物の部類だ」と発言したことが痛快だったので引用してしまいました。かしわ餅は、餅といっても餅の歯切れのよさとあっさり餡の喉の通りのよさでもってしつこさのない夏の餅菓子と言えます。どうぞ気風(キップ)よくいくつも流し込んでもらいたいものです。
こうした食感を与えるためにはまず、餅の原料の上新粉の吟味が大切。複数の上新粉をブレンドしたり生の新粉を加えたりして工夫します。さらにこれをあっさり蒸しのあっさり搗き、つまりでんぷん質をあまり出さない半生状態で仕上げられます。このためかしわ餅は一日しか軟らかさが保てず、どうしてもその日中に食べていただきたいもの。いや、その日にしか食べられないもの。翌日になると、ほかの大福やだんごのように硬くはなってもチンすれば我慢して食べられる、という程度ではないほどに残骸と化してしまいます。どうぞその日に召し上がれる分だけお買い求めください。
かしわ餅に味噌あんというのはかしわ餅成立のかなり初期のころから始まっていたそうです。また中餡の別が分かるようにするのに今と同じく柏の葉をおもて裏に包む方式もむかしからあったようです。
ひと昔まえまでは、かしわ餅といえばこしあんと決まっていて、味噌あんなどはいくつも食べるあいだの口替わりという存在で、当店でも10:1か多くても5:1の割合の売れ数でした。ところが最近、食の多様化ということでしょうか、この対比幅がかなり狭まりさらにつぶしあんのかしわ餅まで求められるようになってきました。こしあんは白い餅のまま、味噌あん入りは食紅で染めて赤い餅と見た目を区別してきましたが、つぶしあんを加えて3種類となるとどう目印にしたらよいでしょうか。ヨモギを加えて「草かしわ」という方法もありますが、上記の食感コンセプトを守ろうとすると製法上少々ムリ。当店では青海苔を加えて色合いの区別をすることを発案しました。少々磯辺の香りがあって初夏らしい味わいと思います。
さて、かしわ餅に使われる柏の葉は、かつては関東では長野県産が多かった。そのころのものは木から刈り取ってワラで束ねて熱風乾燥したパリパリの状態で入荷されてきて、直前に茹で戻して使用したものでした。自然産物のままでしたから時には混入物も発見されることもあり一枚一枚に気を使って使用したものでしたが、近頃では産地ですでに茹でて葉を揃えて殺菌した真空パックの状態で届きますのでこうした苦労はなくなりました。時代の移り変わりで産地も長野から韓国中国へと遠くになりました。柏葉を茹でるときにたつ香りの良さはお茶を焙じるのに似た格別のもので、かつて和菓子屋は毎朝菓子を作りながらこの匂いでこの季節を満喫するという余人にない秘密の特典を持っていたものですが。



憂国の詩人屈原(くつげん)の伝説
史記に曰く、秦の始皇帝よりまえ、楚の国に屈原という政治家がいた。主君懐王に仕え明敏な政策を進言することで厚い信任を得ていたが、それを妬んだ同輩奸臣の讒言を王が聞き入れたために都を追放されてしまった。当時楚は秦の侵略に悩まされ存亡の危機にあって、これを食い止めるために一旦は許された屈原は政務に復帰したものの再び策略によって王から疎んぜられさらに遠地に流された。絶望した屈原は王の不明を嘆き国の行く末を憂えて洞庭湖の湿地をさまよいながら孤独に詩作を続ける。懐王は無謀に秦を攻めてかの地で憤死することとなる。やがて屈原は哀しみに満ちた詩を残して泪羅(べきら)の江に身を投じてしまった。その後楚は領土を削られ続け数十年を経て始皇帝の登場によって秦に滅ぼされた。
この屈原の入水が五月の五日で、姉は不運の弟の霊を慰めるために竹の筒に米を詰めて湖に投げ放ったが、これが周囲の村人の毎年の慣習となってもち米を葉に包んで五色の糸を巻いて蒸すように変わりやがて中国食品粽子(ちまき)の始まりになったとか。残された美しい抒情詩は「楚辞」として集成され中国文学の一画を築くことになり(四面楚歌の楚歌とおなじ)、詩人屈原を愛する江南の人々にとって端午の節句とはすなわち「屈原忌」であり現代でも粽子を湖に投げ入れる行事が続いている。また屈原を救おうと村人たちがたくさん舟を出してけんめいに漕いだがこれらは見る見る金の鱗を持つ龍に変わったとか。これが洞庭湖の竜艇競技(競渡)のはじめであり、唐人によって伝えられて長崎で6月に行われるペーロン競艇として伝わっている。



≪参考≫
節供の古典 桜井満 雄山閣
歳時の博物誌 五十嵐謙吉 平凡社
漢詩体系3 楚辞 藤野岩友 集英社
http://www.ffortune.net/calen/maturi/05/tango.htm
http://koyomi.vis.ne.jp/
http://www.hinamatsuri-kodomonohi.com/5iware.html
http://www.shitsurai.com/m04/05/menu/t_main.html